Pocket

理屈抜きでとにかく実行するために必要なものは何かと言えば、それは理屈だと思います。

理屈抜きで実行するのに理屈が必要とは「おかしなことを言うな!」と思われたかもしれませんがそういうものだと思います。

仮説→実行→検証のプロセスを思い出してみましょう。このプロセスにおいて理屈抜きにとにかく実施するのはもちろん実行です。

実行のプロセスにおいては理屈抜きにとにかく実施することはとても重要です。この段階では極端な言い方をすれば理屈・屁理屈の類は不要でとにかくやれば良いのです。「こんなことをやっても意味がない」「自分ならこんなやり方はしない」「これは無駄な努力だ」など余計なことを思い浮かべる必要は極論まったくありません。

ではそうなるため、理屈を考えず、良い方向に向かっていると信じてひたすら突っ走るために何が必要かと言えば、仮説段階における理屈なのです。ここでしっかり理屈をこねて納得するから実行の段階においては実行の結果良い方向に向かうと信じてひたすら実行できるわけです。

そして実行した後の検証にも当然理屈が理屈抜きについてきます。

ところが、理屈が必要な仮説段階と、理屈無用の実行段階を区別して考えず、とにかく理屈をこねている暇があったらさっさと動けと勘違いしている人が少なくありません。ここを区別できない人が上に立つ組織は必ず行き詰まります。実行後も理屈で考えられず、同じ過ちを平然と繰り返すためです。

この区別ができず理屈で仮説を考えることもできず、理屈抜きで実行を迫り、実行の良し悪しを理屈で語れない上司についた部下や組織は不幸と言わざるを得ないでしょう。

理屈抜きの実行のために必要な理屈があることを頭の片隅に入れておいて損はありません。